舞洲ごみ処理場見学へーほーツアー

たけちゃんの「ヘーホーツアー」に参加し、大阪舞洲にあるとてもユニークなゴミ処理工場へ行きました。
阪神高速を走っていても、よく目立つ建物。2001年に竣工した頃は、その手のホテル🏩と間違えてやって来る車が多数、との都市伝説も(笑)ありました。
デザインは自然保護を謳う建築家・画家のフリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサー氏(オーストリア)によるもの。道を挟んで建っている下水のスラッジ処理場(同じ大阪市ながら管轄局が異なるため交流はないそう。役所ですね)、関西テレビにあるキッズプラザが、日本における作品なんだって。
巨大なクレーン等による処理工程は、なかなかの見ものでした。
かつて大阪にはゴミ処理場が10ヶ所あったのが、今は6ヶ所に集約されたそうです。機器の高性能化もさることながら、市民の意識改革等もありこの20年ほどでゴミの排出量が半減したため、集約しても大丈夫とのことでした。
年に1ヶ月ほどのメンテナンス期間を除き、フル稼働。ご苦労さまです。

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です